Archive for 5 月, 2009

iPhone Appで、こんなカメラアプリもOKかも

l_090531

 

連射もののカメラアプリはいろいろあるけど、多重露光と連射機能が合体したアプリって発想はどうだろうか?
千手観音みたいなマトリックス風な写真とか撮れちゃったり、ゴルフスイングなんか後でフォームの検証なんか出来てしまう。

しかし、この写真どうやって撮ったんだろう?合成?
いずれにしても、画像を重ねる時のレンダリングのクオリティが求められるなぁ。

, ,

No Comments

iPhone App 連絡先の顔を埋めたいのだ

l_090530

 

連絡先の画像を登録する場所が空欄になっている人ってかなり多いんじゃないだろうか?
私もその1人。

なかなか写真を撮る機会もないし、写真を撮らせてもらうのも少し気が引ける…
でも埋めたい…

なんか良いアプリないかな?と探したのがこのアプリ「PixelContact
連絡先の画像をファミコンテイストのドット絵アイコンにするアプリなのだ。
なかなか良いアイデア!
自分でドット絵を作れるモードがあれば言うこと無しなんだけどなぁ…
次回のバージョンアップ期待してます!

他にも、「mi Face」という、Nintendo Wiiの「似顔絵チャンネル」に似たアプリがありました。
こちらは、自分で似顔絵を作るというコンセプト。

Link:
PixelContact(App StoreにLink)
mi Face(App StoreにLink)

4 Comments

パケット節約 iPhoneアプリ

l_090529

 

iPhoneユーザーのBlogを巡回していると、「いかに、パケットを節約するか」みたいな記事をよく見かけます。その気持ち良く分かります。

「iPhone for everybody キャンペーン」で随分とパケットの上限が安くなったものの、Safari等でWebブラウズするとあっという間に上限いってしまいます。
私は事務所の環境がWi-Fiなので基本的にはパケットはあまり気にしないのですが、外出する際、やはり節約できたらなと考えてしまいます。そこで思いついたのが「パケットチェッカー」アプリ!

いつもは、「設定」>「一般」>「使用状況」の「携帯電話のネットワーク」でパケットをチェックしてる訳ですが、「KB」単位で分かりづらいのです。

このアプリは、最初にパケット定額フルのタイプと請求の締め日を入力するだけで設定完了、KBもパケット換算して表示してくれて、値段も表示、グラフ表示なので使用状況も感覚的にすぐ分かるというアプリ。

デザインはラフでこんなの考えたけど、もっと楽しい方が良いかも、車のガソリンメーターみたいな感じとか…ビーカーに液体が貯まっていったりだとか….

2 Comments

iPhoneアプリ「デザイナ」+「プログラマ」

l_090528

今まで、Webの仕事でコーダーさん、マルチメディアコンテンツ等の仕事でオーサリング・プログラマさん程度の付き合いしか無かったのですが、今回アプリケーションプログラマさんとのジョイントでとてもワクワクするものがありました。

Flashが登場したあたりからプログラムとデザインスキルの両方を持ち合わせたクリエーターの方々が沢山いらっしゃる中、抜きん出ている方はほんの一握りの方々でしかありません。
そして、今となっては、デザイナも数学的なスキルを持ち合わせていないと生き残っていけません。
しかし、この現状が私としては少し「?」な世代でして、得にWebデザインの世界では、なんかこう、平均化してしまってどれもこれもが同じようなデザインばっかりで、まあこの現象を「成熟」と言われればそれまでなんですが、その先が見えてこないんですよね。

それとは別に、世の中には、ボランティア精神で便利なPC用のアプリを無償提供で作られているプログラマの方々が沢山いて、「惜しげなく偉いな」と思っていた訳ですが、確実に収入に繋がる販売ルートが無かった訳で、プログラマとしてのクリエイティブな発表の場がフリーアプリを配ることだったのかな?などと勝手に想像してしまいます。

iPhoneの登場とApp Storeの販売形式で、クリエイティブな発表の場が増えた訳で、その作品に対する評価がランキングなり有償アプリの場合、収入になって反映されるのでクリエータの方々(僕を含めて)の関心を集めています。
このワクワク感は、ちょうど、WebやShockWave 、Flashの技術が出始めの頃と良く似ているなぁと感じます。

「デザイナ」と「プログラマ」を結びつけるマッチングサイトって無いのだろうか?
きっと私のように「プログラマ」さんとお近づきになりたいと思っているデザイナは多いと思うんだけれど….どうでしょう?

No Comments

次のiPhoneアプリは、何を作るかな?

l_090527

気の早い話だが、次のiPhoneアプリは「時計アプリ」を作りたい。
いろいろと構想はあるんだけど、何かこう、見ていて楽しいのがいいかな?と…
スタイリッシュ寄りでは、「LCD Clock」や「Flip Time」等のオシャレな時計アプリが出ていて、到底勝ち目はなさそうなので、
違った路線のユニークでオモチャ感覚のものがいいかなぁー?などと真剣に考えてみる。

Link:
LCD Clock(App StoreにLink)
Flip Time (App StoreにLink)

,

No Comments

iPhone App - Tokyo Subway Route Map(東京地下鉄路線図)

無事、App Storeに登録できたので、今度はプロモーション。
取りあえず、YouTubeに動画をアップしてみた。

簡単にみなさんに操作して頂けると思うので時間も短く、約1分30秒に収まった。
Flashでアニメーションを作成し、ムービー書き出し(Quick Time)し、YouTubeにアップした。
宜しければご覧になって下さい。

又、このアプリ「 Tokyo Subway Route Map(東京地下鉄路線図)」は、
優れたiPhoneアプリ「テレビ番組表」や「LCD Clock」等、多数設計されている、プログラマーの岸川克己さんの協力で実現しました。

Appleにて審査中。(2009年6月1日発売予定)

Appleにて審査中。(まもなく発売予定)価格:115円

Link:
24/7 twenty-four seven(岸川克己さんのBlog)
テレビ番組表(App StoreにLink)
LCD Clock(App StoreにLink)

, , , ,

1 Comment

iPhoneアプリ、App Storeに登録完了

l_090524-1

今年の2月位から、始めた自作アプリの販売構想も、やっと完成しApp Storeに無事登録することができた。
最後の手順はこの通り。

1. 登録素材
・ZIP圧縮したアプリケーション
・App Store上で表示するアイコン(512×512ピクセル:JPEG or TIFF)
・アプリケーションのスクリーンショットやイメージ(最大5枚)
・解説文
・サポートサイトの用意

2. 登録の流れ
・iTunes ConnectのManage your applicationにログイン
・Add New Applicationで登録
・初めてアプリを登録する場合「デフォルトの言語」と「開発元の名前」を登録する。
 ※他の言語圏でもリリースする場合「デフォルトの言語は、Englishを選択した方が良い」
 ※開発元の名前は、個人の場合自分の名前でなくとも、ブランド名プロジェクト名等、自由に決められる。

・登録内容
 ・Application Name(アプリケーションの名前)
 ・Application Description( 説明文:アプリケーション説明:デフォルトがEnglishの場合、英語)
 ・Device(対応機種)
 ・Primary Category(プリケーションのカテゴリ、Secondary Categoryでサブカテゴリ)
 ・Copyright(著作権表示、開発者の名前など)
 ・Version Number(アプリに設定したバージョンと同じもの)
 ・SKU Number(任意の自分のアプリで一意の文字列)
 ・Application URL(アプリの紹介ページへのURL)
 ・Support URL(サポートサイトページへのURL、上記と同一でもOK)
 ・Support Email Address(メールアドレス)
 ・Demo Account - Full Access(アカウントが必要なアプリ等、審査で使用するテスト用のアカウント。不要な場合登録無しでOK)

・Upload
 ・Application(ZIPファイルのアプリケーション)
 ・Large 512×512 Icon(アイコン)
 ・Primary Screenshot(スクリーンショットファイル、最大5枚)

・Pricing
 ・Availability Date(アプリの公開日設定)
 ・Price Tier(価格の設定)

・Localization
 ・デフォルトの言語以外での販売
  ※デフォルト言語「英語」の場合、日本販売用に解説文等入力する。

・Review
 ・内容確認、問題がなければ登録完了。

「Manage your application」のトップに戻り,アプリケーションが追加されていることを確認。
Statusが「In Review(アプリ審査中)」になっていと思います。
審査が完了して公開される良い段階になると「Ready for Sale」に変わり,設定した公開日に自動的に公開される予定。

まとめ

iPhoneアプリ販売準備

iPhoneアプリ販売準備その2

iPhoneアプリ販売準備その3

iPhoneアプリ販売準備その4

iPhoneアプリ、App Storeに登録完了

「Certificates(証明書)」が期限切れだった。

, , ,

9 Comments

iPhoneアプリのアイコン作成「東京地下鉄路線図」

l_090523

 

iPhoneアプリをAppleに登録するには、アイコンを提出しなくてはなりません。
通常のiPhone画面に配置されるアイコンは「57×57ピクセル」のアイコンですが、提出する際には、iTunesのApp Store上で表示する「512×512ピクセル」のものが必要になります。
最初から大きいサイズで作っておくのが良いですね。
あと、大きい方の画像フォーマットは、「JPEG」「TIFF」形式です。(小さい方はPNGでOK)

iPhoneアプリ、Tokyo Subway Route Map(東京地下鉄路線図)のアイコンはこんな感じにしてみました。
iPhoneのホーム画面に表示されるアプリの名前は、文字数の制限があります(日本語 - 6文字 アルファベット(半角文字) - 11文字まで)
「Tokyo Subway Route Map」というネーミングは長すぎるので、アイコンに「TOKYO」と大きく文字を入れて、「Subway Map」というネーミングにしました。

又、角アールとハイライトは、自動生成してくれます。ハイライトは、「付ける/付けない」を選択できます。

その他、登録するのには、スクリーンショットが必要になります。
次回は、登録したら報告しようと思ってます。

, , , ,

No Comments

Tokyo Subway Route Map 解説4

l_090522

メモリー不具合の件も解決したと、プログラマーのKKさんから連絡があった。
その他にも細かい調整をしてくれた。素晴らしい!

その中で、ちょっとした気の利いた機能を追加してくれた、駅の並び順を「上り」「下り」でソートするボタンである。感謝!

今週中には、Appleに提出できるかな?

, , ,

No Comments

Tokyo Subway Route Map 解説3

l-090521

一番苦労が多かったのが、全体路線図の設計の部分でした。
東京の地下鉄はかなり密に込み入っているのと、ローマ字による「ふりがな」を表示する仕様なので、全体画像もかなり大きなサイズにしないとダメだということでした。

iPhoneはプアなメモリ環境ですので、画像フォーマットも色々と試しました。

今のところ、同じ内容の画像を大小用意し、さらに縦横の何枚かのピースに分割し、目的に応じて(拡大率にあわせて)小さい画像と大きい画像を差し替え表示することによってストレスの無い表示とスクロールを実現しています。
しかしまだ問題があり、大量の画像をキャッシュしてしまう為、メモリ周りの設計を見直し中。
あせらず、納得の行く形でリリースしようと思います。

, , ,

No Comments