Archive for 12 月, 2009

良いお年を。

l_091230_2

今年は、iPhoneアプリの企画、制作を実現することが出来ました。
漠然と「作れたらいいな」が、実際「作ってみました」に、行動できました。
それも、これも、プログラマの方々(岸川さん、沖田さん)の協力があってのことです。
ありがとうございました!(来年もよろしくお願いいたします。)

又、Studio Heatのアプリを支持頂き、ご購入していただいた皆さま心よりお礼申し上げます。

Japan Subway Route Mapもこの年末のドタバタした中、ギリギリで機能追加できました。
今後はより一層、使い勝手良く設計して行く予定です。

又、構想中の新しいアプリもテンポ良くリリースして行きたいと思っております。
皆さんが少し幸せになれるようなアイデアで、ユニークなアプリを企画中ですので期待して待っててくださいね!

それでは、皆さま良いお年を!
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

No Comments

Japan Subway Route Map 2.1.0リリース!

l_091230

本日「Japan Subway Route Map 2.1.0」リリースしました。
主な変更点は、東京の地下鉄に「車両案内」「出口案内」情報を追加いたしました。

昨日の午後バージョンアップの申請をして本日朝、審査が通りました!早いですね〜焦りました…

新たな情報を追加するにあたり、膨大な資料を基に一駅一駅慎重にまとめ上げたつもりですが、
万が一不具合等見つかった場合、ご連絡して頂ければ助かります。

今後、大阪版、名古屋版も情報を追加して行く予定ですが、作業時間がかかる為、気長にお待ち頂けたらと思います。
又、「Japan Subway Route Map」ですので他地域の路線情報も随時入れ込む予定でおります。

今年購入していただいた皆さまありがとうございました!
どうぞ、来年も「Japan Subway Route Map」よろしくお願いいたします。

尚、このバージョンアップより、価格を115円から230円に変更させて頂きました。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

No Comments

Japan Subway Route Map「車両案内」と「出口案内」

l091228

iPhoneアプリ「Japan Subway Route Map」の次のバージョンアップは
ご希望の多かった、東京版の「車両案内」と「出口案内」を入れる予定です。

最初「駅構内図」と思ったのですが、小さいiPhoneの画面では見にくいので、簡単に指1本で操作できて必要最小限の情報を盛り込む形をとりました。
目的の出口や、乗り換え、トイレに近い車両など、各、駅毎、車両毎にまとめています。
又、出口ナンバーに対応した出口案内表を追加しました。

完成まであと少し、もうしばらくお待ち下さい。
このバージョンアップより、アプリの価格を115円から230円にアップする予定です。
※すでにご購入済の皆さまは無償バージョンアップです。

ご理解の程、どうぞよろしくお願いいたします。

No Comments

iPhone App - Time Signal PV

遅くなってしまたが「Time Signal」のプロモーションビデオを作ってみた。
取りあえず、YouTubeにアップ!なんとか年内中に作り終えた。(正味1日半だけど…)

ドタバタで、イメージ的なムービーになってしまったが、第一弾としてはこれで良いかな?
後に操作編も作る予定。

制作手順は、動画キャプチャーして、楽曲を作り、Flashで編集した。
iMovieで編集しようと思ったんだけど…イマイチ操作しづらかったので断念。
もう少しマシな編集ソフトが欲しいところ。

No Comments

「Time Signal」と NTT「117時報サービス」との比較方法

l091215

App Storeのレビュー覧にて、NTT「117時報サービス」のシグナルとズレが生じるとのご指摘がありますが、
一般電話機の「117時報サービス」と、iPhoneとではシグナル音の聞こえ方にタイムラグがあるようです。
気になる場合は、iPhoneにて「117時報サービス」を聞きながら下記の手順で検証されてみることをおすすめします。

【117時報サービスと「Time Signal」との誤差の確認方法】

1)「Time Signal」を起動。
2)右下の「設定アイコン」タップ。
3)NTPサーバ「ntp.nict.jp」を選択。※日本国内なら「ntp.nict.jp」推奨
4)「地域設定」を「日本」に設定。
5)「時報スピーチ」を「オフ」にする。※音声が二重に聞こえる為「オフ」を推奨
6)一端「Time Signal」を終了。
7)iPhone「電話」より「キーパット」で「117」とダイアル(発信)。
8)「スピーカー」を選択(117時報サービスの音がスピーカ-から聞こえる)。
9)iPhone下の「ホームボタン」を押す(裏で117が動いている状態)。
10)もう一度「Time Signal」を起動。

又、「iPhone・iPod touch ラボ」さんにて上記方法で実験されていますので一度ご覧頂く事をオススメいたします。

(注)117にダイアルする際、通話料が発生いたしますのでご了承ください。
(注)まれに通信環境により時刻の補正が行えない場合があります。

又、「電波時計」と比較する場合、時計の設置場所等の環境により時間の誤差が生じる場合がありますので、上記「117時報サービスと「Time Signal」との誤差の確認方法」にて検証されることをおすすめします。

どうぞよろしくお願いいたします。

,

No Comments

iPhoneアプリ Time Signal (YouTube video)

いつもお世話になっている「iPhone・iPod touch ラボ」さんに最高のレビューをして頂きました!
本当にありがとうございます!私にとって素晴らしいプロモーションムービーとなりました!


Time Signal for iPhone-Today’s App No.496 by iPhone・iPod touch ラボ

Link :
「117時報サービス」のように正確な時を告げる時計アプリ
『Time Signal (時報時計)』-今日のアプリ第496回iPhone・iPod touch ラボ

,

8 Comments

iPhoneアプリ Time Signal 解説その4

ts_help

簡単な画面及び操作の説明です。
・ステイタスバーON / OFF(画面上部ダブルクリック)
・輝度調整(画面タップで4段階 *アラームクロックモード時)
・アラームを止める(ダブルタップでストップボタン表示)

, ,

No Comments

iPhoneアプリ Time Signal 1.0 リリース!

ts0000

本日、Studio Heat iPhoneアプリ第二弾「Time Signal ver.1.0」リリースすることができました!

繰り返しになりますがこのアプリの特徴は、

  • NTPサーバと連動し、正確な時刻を10秒毎に「声」でお知らせ。(NTT「117」のような)
  • カウントダウンモード機能を搭載で、設定した時刻までの残り時間をお知らせ。
  • 寝過ごせない朝のために、最大30分前からの告知アラーム。

などです。

正確な時間を刻みますので、「家電等の時間合わせ」や「イベント等のカウントダウン」にお使いいただけると幸いです。

噂では11/24日に申請しないと年内リリースは難しいとされていましたが…
アプリ申請12/2、In Review 12/5、リリース12/10と結構早いタイミングでした。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

, ,

1 Comment

iPhoneアプリ Time Signal 解説その3

l0912010

カウントダウンモードのバリエーションは、大きく2種類あります。

【Count Down Mode】設定した時刻までの残り時間を「声」と「数字」でお知らせする。
・スピーチ無し
・スピーチ有り

【Alarm Clock Mode】起床時刻最大30分前から声でお知らせする。
・目覚まし(15分前告知)
・目覚まし(30分前告知)

得に「Alarm Clock Mode(目覚まし時計モード)」は、寝過ごせない朝の目覚まし時計として是非試してみてください!

, ,

No Comments

iPhoneアプリ Time Signal 解説その2

l091207

「Time Signal」日本時間12月5日に「In Review(審査中)」になりました。思ったより早い展開です。

今日は「カウントダウンモード」について解説いたします。

カウントダウンモードにすると、数字も秒針も逆回転し、設定した時刻までの残り時間を「声」と「数字」でお知らせします。
最大24時間先まで設定することが可能で、30分毎にシグナル音と声でお知らせいたします。
又、設定時刻間際になると、10分毎、1分毎と段階ごとに変化します。

設定時刻になるとアラーム音が鳴り、画面ダブルタップで停止します。

予定時間が過ぎたら、数字及び秒針は通常の回転に戻り、10分毎にどのくらい経過したかを「声」と「数字」でお知らせします。
文字の色は差別化し赤文字に変化します。

利用シーンとして
・朝の仕度など、手元に時計が無くても、お出かけ前までの残り時間を声でお知らせ。
・時刻をカウントダウンするので、次の会議までの残り時間がすぐ分かる。

等、いろいろな使い方が想定できます。

次回は、カウントダウンモードのバリエーションについて解説いたします。

, ,

No Comments