iPhoneアプリ Time Signal 解説その2


l091207

「Time Signal」日本時間12月5日に「In Review(審査中)」になりました。思ったより早い展開です。

今日は「カウントダウンモード」について解説いたします。

カウントダウンモードにすると、数字も秒針も逆回転し、設定した時刻までの残り時間を「声」と「数字」でお知らせします。
最大24時間先まで設定することが可能で、30分毎にシグナル音と声でお知らせいたします。
又、設定時刻間際になると、10分毎、1分毎と段階ごとに変化します。

設定時刻になるとアラーム音が鳴り、画面ダブルタップで停止します。

予定時間が過ぎたら、数字及び秒針は通常の回転に戻り、10分毎にどのくらい経過したかを「声」と「数字」でお知らせします。
文字の色は差別化し赤文字に変化します。

利用シーンとして
・朝の仕度など、手元に時計が無くても、お出かけ前までの残り時間を声でお知らせ。
・時刻をカウントダウンするので、次の会議までの残り時間がすぐ分かる。

等、いろいろな使い方が想定できます。

次回は、カウントダウンモードのバリエーションについて解説いたします。

, ,

  1. No comments yet.
(will not be published)
  1. No trackbacks yet.