Posts Tagged 自作アプリ

KEI 2010 解説その3

l_100416

KEI 2010は、Dock等の充電スタンドにてお使い頂くことを推奨しております。
デスク脇やサイドボード等にさりげなく置くことでチョットしたインテリアアイテムとしてお楽しみ頂けます。
少し離れた場所でもボイスコントロール可能ですので、置き場所を選びません。
画像は、KEI 2010が命令待ち状態のパターングラフィックの演出です。

, , ,

No Comments

KEI 2010 解説その2

l_100408

今回は、KEI 2010で有効な「ボイスコマンド」を紹介いたします。
基本コマンドは起動ワードを含め9種類

KEI 2010アイコンをタップでアプリを起動させます。
オープニングの挨拶から時計が表示されます。
この状態で、ボイスコマンド待機状態です。

まず、「HELLO KEI(ハローケイ)」と話しかけます。
声を認識すると画面全体が緑色(活性状態)となり
WELLCOME! WHAT’S IS YOUR ORDER?
(ヨウコソ!コヨウケンハナンデスカ?)とKEI 2010が応えます。
これで、下記のボイスコマンドが有効となります。

【ボイスコマンド】
1. TIME:現時刻のコール
2. TODAY’S DATE:日付のコール
3. ALARM:セットしたアラーム時刻のコール
4. SET ALARM:アラーム時刻の設定
5. ALARM SOUND:アラームサウンドの設定
6. ALARM OFF:アラームオフ
7. HELP:ボイスコマンドの確認
8. RESET:最初に戻る

※「4」アラーム時刻設定での、時間の発話は、英語、日本語を設定可能です。
※「5」アラームサウンドは、「アラーム1」〜「アラーム3」の発話で決定。

詳しくは、取扱説明書 (PDF)を用意しましたのでご覧下さい。
User Manual (Japanese)
User Manual (English)

, , ,

No Comments

KEI 2010 解説その1

l_100405

KEI 2010とはボイスコマンドで動く時計型アプリです。

KEI 2010のネーミングは、お察しの通り時計の「計=KEI」と、2001年宇宙の旅の「HAL 9000」からきています。

そもそもの構想は、iPhoneの魅力的な基本機能の1つとしてボイスコントロール機能があるのに、音声認識アプリがあまり無いので色々と調べてみたのがきっかけです。

声で文章をテキスト変換するタイプのアプリが、出始めたころで、音声認識エンジンさえ組み込めば可能なことが分かりました。

そこで、子供の頃からの憧れ「ジャイアントロボ」や「HAL 9000」みたいな、声で命令出来るアプリが面白そうだなと思い、基本コンセプトとしました。

ゲーム「シーマン」みたいな、エンターテイメント寄りのアプリが理想ですが、設計が複雑になってしまうので、限られたボイスコマンドでスマートに機能するものは何かな?と、思いついたのが「時計」でした。

デザインは「近未来」を感じさせるレトロフューチャーなイメージ、又は、8Bitテイストにこだわったミニマムなデザインが特徴です。
機能優先アプリというよりは、エンターテイメント寄りのToy Clockとしてお楽しみください!

, , , ,

No Comments

iPhone App - KEI 2010 プロモーションビデオ

KEI 2010のプロモーションビデオも作りました。
ドットデザインなので縮小表示で、つぶれていまいますが、そこは愛嬌ってことで…^^;
基本、FLASHデモと同じですが、BGM付きで編集しました。
ご覧になってください!

制作手順は、FLASHでアニメーションを作り、.movで書き出したものをYou Tubeにアップしました。

, , ,

No Comments

iPhoneアプリ KEI 2010 ver.1.0 リリース!

100330

本日、Studio Heat iPhoneアプリ第三弾「KEI 2010 ver.1.0」をリリースすることができました!

KEI 2010は、声でコントロールするアラームクロックです。
起動するだけでタッチ操作不要!対話によりコントロールすることができます。
音声認識技術は、株式会社アドバンスト・メディアの音声認識エンジン「AmiVoice®」を採用させて頂きました。
又、プログラムも、アドバンスト・メディアさまに担当して頂きました。

FLASHでデモを作りましたので、まずはコチラをご覧下さい。

, , ,

1 Comment

iPhoneアプリ Time Signal 解説その4

ts_help

簡単な画面及び操作の説明です。
・ステイタスバーON / OFF(画面上部ダブルクリック)
・輝度調整(画面タップで4段階 *アラームクロックモード時)
・アラームを止める(ダブルタップでストップボタン表示)

, ,

No Comments

iPhoneアプリ Time Signal 1.0 リリース!

ts0000

本日、Studio Heat iPhoneアプリ第二弾「Time Signal ver.1.0」リリースすることができました!

繰り返しになりますがこのアプリの特徴は、

  • NTPサーバと連動し、正確な時刻を10秒毎に「声」でお知らせ。(NTT「117」のような)
  • カウントダウンモード機能を搭載で、設定した時刻までの残り時間をお知らせ。
  • 寝過ごせない朝のために、最大30分前からの告知アラーム。

などです。

正確な時間を刻みますので、「家電等の時間合わせ」や「イベント等のカウントダウン」にお使いいただけると幸いです。

噂では11/24日に申請しないと年内リリースは難しいとされていましたが…
アプリ申請12/2、In Review 12/5、リリース12/10と結構早いタイミングでした。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

, ,

1 Comment

iPhoneアプリ Time Signal 解説その3

l0912010

カウントダウンモードのバリエーションは、大きく2種類あります。

【Count Down Mode】設定した時刻までの残り時間を「声」と「数字」でお知らせする。
・スピーチ無し
・スピーチ有り

【Alarm Clock Mode】起床時刻最大30分前から声でお知らせする。
・目覚まし(15分前告知)
・目覚まし(30分前告知)

得に「Alarm Clock Mode(目覚まし時計モード)」は、寝過ごせない朝の目覚まし時計として是非試してみてください!

, ,

No Comments

iPhoneアプリ Time Signal 解説その2

l091207

「Time Signal」日本時間12月5日に「In Review(審査中)」になりました。思ったより早い展開です。

今日は「カウントダウンモード」について解説いたします。

カウントダウンモードにすると、数字も秒針も逆回転し、設定した時刻までの残り時間を「声」と「数字」でお知らせします。
最大24時間先まで設定することが可能で、30分毎にシグナル音と声でお知らせいたします。
又、設定時刻間際になると、10分毎、1分毎と段階ごとに変化します。

設定時刻になるとアラーム音が鳴り、画面ダブルタップで停止します。

予定時間が過ぎたら、数字及び秒針は通常の回転に戻り、10分毎にどのくらい経過したかを「声」と「数字」でお知らせします。
文字の色は差別化し赤文字に変化します。

利用シーンとして
・朝の仕度など、手元に時計が無くても、お出かけ前までの残り時間を声でお知らせ。
・時刻をカウントダウンするので、次の会議までの残り時間がすぐ分かる。

等、いろいろな使い方が想定できます。

次回は、カウントダウンモードのバリエーションについて解説いたします。

, ,

No Comments

iPhoneアプリ Time Signal 解説その1

l091203

このアプリの基本的な特徴は「正確な時間表示」と「時刻を声でお知らせ」機能です。
前にも触れましたが、NTP(Network Time Protocol)サーバより時刻を取得し表示する仕組みとなっております。
残念ながら、iPhone (iPod touch)の内蔵時計にはこのアプリを使用しても正確な時間は反映されませんが、
このアプリ起動中は、基本的に正確な時刻を刻む仕様となっております。

又、正確な時刻を基にシグナル音と音声が連動するように設計されています。音声の種類は「日本語」「英語」を収録、
遊び心で「ロボット」風な声も収録しました。
これらのサウンドは、カスタマイズ可能となっており、個別に「シグナル音」や「音声」等、ON / OFF可能となっていますので、
目的に合わせ理想的な状態でお使いいただけます。
家電等の時刻合わせに利用されるシーンが想定されますので、「0秒ジャスト時」に、ちょっとした画面エフェクト効果で視覚的にもタイミングを計れるようにしております。

そして、このアプリのもう一つの特徴が「カウントダウンモード」を搭載している所です。
カウントダウンモードは、説明は次回、詳細を説明いたしますが、さまざまなシーンでの利用を想定して設計しました。
又、音声は、モードを切り替えると連動し、モードに応じた「音声」を再生するようになっております。

Link : Network Time Protocol (wikipedia)

, ,

No Comments